ダウンストローク

ダウンストロークのコツ(その3)

IMG_0844[1]

スティックエンド支点にすること

手のひらの中でクッションをつくること

をダウンストロークのコツとして紹介してきました。

今回は手首(腕)の使い方について紹介していきたと思います。

 

これまでビタッ!!っと

スティックをとめるためのダウンストロークの方法を

解説してきましたが、

今までの解説をまとめつつ、

さらに具体的に解説していきます。

 

今回は車に例えて解説していくこととします。

『車は急に止まれない』

なんてよく表現したりしますが、

『スティックも急には止まれない』のです。

 

初心者の方のスティックコントロールのほとんどが、

車で例えると、『壁にぶつけて強制的に停止させている状態』

スティックでいえば、

『握ることで力任せに押さえつけてダウンストロークしている』

という状態です。

イメージを動画にしてみたのがこちらです。

これだと、コントロールしてスティックをとめたとは言えません。

車でいうとただの事故ですね・・・笑

 

ではどうすればとめられる?

というのがスティックエンド支点です。

手全体でスティックの跳ね返りをとめる

という感覚の解説でした。

また、手のひらの中でクッションをつくる

というのも1つの方法として紹介しました。

車でいえば、

壁に衝突してしまったが、エアバックが作動した状態です。

しかし、結局は事故でコントロールしきれていません。汗

再現した動画はこちらです。

≪備考≫

スティックエンド支点(リストコントロールが主)により

握りこまずに叩くことが可能なため、リラックスできる利点がある。

また叩いた後に握る感覚をつかめればビタッとスティックが止まるようになる。

しかし、叩いた後にスティックを握りこまなければスティックが止まってくれない。

そのため叩いた後にしっかり握らなければならない。

より難易度の高い譜面になると、指を握る工程が欠点となる。

 

ではどうすれば・・・

それが、今回紹介する手首の動きです。

事故をしないように、止まる位置を決める

という考え方です。

 

動画をご覧ください。

初心者の人に多いのが、

ダウンストロークは手首をとめて手全体で押さえつける

という感覚のため、車でいえば事故です。

 

上級者の場合は、手首をとめるのではなく

手首を少しだけ戻すことで停止する位置を決めています。

そのため、車でいえば事故することなくとめられることになります。

 

この考え方は、叩いた後に握る

というダウンストロークの基本と深く関係しています。

 

叩く前から指を握る。

止まる位置が決まってないため事故。

(コントロールしきれていない)

 

叩いた後に握る。

スティックの止まる位置を握ることで決められる。

事故をしてない。(コントロールできている)

といえますね。

 

この手首を最大限に生かしたダウンストロークにすることで、

指をできるだけ温存しておくことができるようになます。

結果、難易度の高い譜面が叩けるようになるということです。

 

感覚は理解できましたでしょうか?

あとは、事故をしないように止まる練習をする

という考えをスティックでやるだけです。

ぜひ参考にしてください!!!

 

関連記事

  1. バニラで使用 ダウンストロークとは
  2. IMG_0538[1] ダウンストロークのコツ
  3. IMG_0666 ダウンストロークのコツ(その2)

おすすめ記事

IMG_0487[1] ダブルストローク18(トラディショナル)

トラディショナルグリップの解説を忘れてしまうところでした。マッチドグリップであればダブルスト…

IMG_0523[1] Blue Devils 2015の譜面を発見

Blue Devils 2015スネアの譜面の一部がYouTubeにありましたので投稿します!…

IMG_0557[1] ギミック紹介

今回は、ギミックの紹介をしていきたいと思います。YouTubeにてギミックの紹介がありました…

IMG_0612[1] パラディドルその2

前回は、メジャーとされるパラディドル系ルーディメンツの紹介をしました。今回は、もっと…

IMG_0482 2016.1.10の練習風景4

いやぁ~~~( ゚Д゚)ビックリ『この曲あわせよう』って普通に叩けるのが恐ろしい。何…

IMG_1609[1] おすすめのテナーソロ

映画『パイレーツオブカリビアン』我こそは海賊(He's a Pirate)という曲は…

73d259091ab11e8081973bb256f1b434_s DCIテナーソロチャンピオン2010~2015

I&Eのチャンピオンをまとめて紹介しているサイトがあったらいいのになぁ・・・ということで…

IMG_1814[1] マッチドグリップの叩き方(その5)

マッチグリップの叩き方(その4)では、バスドラムはスティックエンド支点とするフリーグリップが重要であ…

IMG_0622[1] パラディドルその4(動画紹介)

パラディドルその1では簡単にパラディドルその2では種類を理解しパラディドルその3では…

IMG_0831[1] おすすめのチャンピオンコラボ動画

見どころ満載( ゚Д゚)おぉ~3分49秒ノーカット!!ロングバージョン!!!…




PAGE TOP