パラディドル系

パラディドルその2

IMG_0612[1]

前回は、メジャーとされるパラディドル系ルーディメンツ

の紹介をしました。

今回は、もっとパラディドルの深い部分について

紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてください。

 

パラディドルにも種類があることをご存知ですか?

一番メジャーなものとして

シングルパラディドル

を前回紹介しましたが、シングルパラディドル以外にも

・ディレイドパラディドル(5:58)

・リバースパラディドル(7:43)

・インワードパラディドル(7:54)

というものがあります。

※カッコ内は動画で紹介されている秒数になります

 

えっ!むずかしそぅ( ゚Д゚)汗

と思う人もいるかもしれませんが、

ただ単に手順が入れ替わっただけです。

 

YouTubeでとてもわかりやすく解説してる動画ありました。

そちらで手順を確認してください。

正直ここまで深く考えたことはなかったのでとても参考になりました。

パラディドルの種類は理解できましたか?

 

ただ手順がいれかわっただけでも経験がないと叩けない。

悲しいですが、それが現実です(;^_^A汗

 

すべてのパターンを理解していないと、

一番スタンダードなシングルパラディドルの練習ばかりをしてしまう。

その結果成長が遅れる。

という悪い練習方法になってしまいます。(自分自身がそうでした)

 

さまざまな譜面に柔軟に対応できるよう、

パラディドルの種類を理解し、

すべてのパターンを練習することが

上達への近道になると思います。

ぜひ参考にしてください。

 

関連記事

  1. IMG_0622[1] パラディドルその4(動画紹介)
  2. IMG_0705[1] パラディドルその5(応用編)
  3. パラディドルあ パラディドルとは
  4. IMG_0465 練習風景紹介(忘れてました編)
  5. IMG_0614[1] パラディドルその3(必要な技術)

おすすめ記事

IMG_0494[1] ダブルストローク16(動画の紹介2)

今回も、自分にあったスタイルをみつけるために、様々な方のダブルストロークの動画を紹介していき…

IMG_0560[1] マッチドグリップの叩き方

マッチドグリップの握り方(フォーム)についてはこちらで解説してきました。では、実際にマッチド…

216092 自分の癖(歩き方)を理解する3

前回は靴底のすり減り方の例をあげて骨格がどう歪んでいそうなのかを紹介しました。今回は…

f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s 音をあわせるための基本2(スタイル)

前回の投稿では音をあわせるための基本『誰にあわせるのか?』を簡単に紹介しました。…

d684521a24f6eb7564fc9957d1510ff5_s 体重の乗せ方(足の裏)

FM(フォワードマーチ)の重要なポイントとして前重心が基本であり重要なポイントである…

IMG_2127[1] 2015.12.14 の練習風景2

ジャパンレンタカー、アカナベ店のダンスルームにて練習を行いました。大きな鏡がある部屋…

f7ee7fd5ba8af8fc9d5383d123e3cf33_s アップストロークとは

スティックをあげるストロークのことをいいます。ノーアクセント、いわゆるタップからアクセントを…

IMG_1300[1] Pearl Drum Rudiments ⑥~⑩

PAS(Percussive Arts Society)が定めた40種類のルーディメンツをY…

647cc14692cd01d3f71d2b2f1c7caef5_s 音をあわせるための基本(指揮者とセンター)

今回は、バッテリーラインにおいて音をあわせるための基本を紹介していきます。ぜひ参考に…

IMG_1297[1] Pearl Drum Rudiments ①~⑤

PAS(Percussive Arts Society)が定めた40種類のルーディメンツをY…




PAGE TOP