トラディショナルグリップ

トラディショナル・グリップの握り方(その2)

IMG_0540[1]

トラディショナルグリップの握り方(その1)では、スティックと指の位置について解説してきました。

今回は、トラディショナルグリップの手の角度からの握り方を解説していきたいと思います。

まずは、角度の説明の前に知っていただきたいことがあります。

トラディショナルグリップという握り方ができた理由です。

昔は現在のようにキャリアという優れたもはありませんでしたので、ベルトのようなもので肩からスネアをぶら下げていたようです。

しかし、肩からぶら下げるだけなので、打面は水平ではなく斜めになってしまった。打面が斜めでは叩きにくいのでトラディショナルグリップが誕生した。

ということです。

イメージがわかない人はこちらの動画の8分16秒からの肩掛けの楽器を参考にしてください。

具体的な内容は話が長くなってしまうのでしませんが、スネアを斜めにすると叩きやすいグリップがトラディショナルグリップということです。

例えば、下の動画で紹介しているSanta Clara Vanguardくらいに角度をつけると非常に叩きやすいです。

しかし現在では、ほとんどの団体がスネアを水平に固定しています。

  • キャリアの機能的に楽器を斜めにすることができなかった。
  • 楽器が斜めだと見栄えが悪い。
  • 握り方を工夫すれば楽器を斜めにしなくても叩ける。

などの理由により、楽器をまっすぐに構えるのが主流になったのだと考えています。話の内容が少しまとまっていませんが・・・

最終的に何が伝えたいかというと、

斜めな楽器を演奏するために誕生したルグリップのため、打面が水平なスネアだと叩きにくくなる

しかし、叩きにくいのは握り方の工夫で何とかなる

何とかするための方法を知らないと変な癖になりやすい

よって、トラディショナルグリップは難しい

ということです。

 

話が思ったよりも長くなってしまったので、次回のトラディショナルグリップ(その3)にて具体的に解説していきたいと思いますのでお楽しみに!

関連記事

  1. IMG_1790[1] モーラー奏法11(トラディショナル)
  2. IMG_1513 マッチド・グリップの持ち方(その5)
  3. IMG_1793[1] トラディショナル・グリップの叩き方
  4. 1210bc1829c5af3ae0de2e001a76e16b_s スティックの持ち方(種類)
  5. IMG_1794 トラディショナル・グリップの握り方
  6. IMG_0487[1] ダブルストローク18(トラディショナル)
  7. IMG_0536[1] トラディショナル・グリップの握り方(その4)
  8. IMG_0578[1] マッチド・グリップの持ち方(その6)

おすすめ記事

IMG_0883[1] モーラー奏法2(クネクネは重要)

モーラー奏法を学びたい!!!だけど、日本のモーラー奏法はクネクネし過ぎていて嫌だ!!…

IMG_0583[1] DCIおすすめのバスドラPart3

今回はCadetsのBassLineで、譜面付きの動画紹介です。動画のみを聴…

IMG_0946[1] モーラー奏法9(Jeff Queen)

今回はJeff Queen氏が解説しているモーラー奏法の動画紹介になります。モーラー…

IMG_0578[1] マッチド・グリップの持ち方(その6)

マッチドグリップの持ち方(その5)では、マッチドグリップでもBDの握り方について解説しました。今回は…

IMG_0543[1] モーラー奏法(立役者の紹介)

日本にモーラー奏法をひろめた立役者!!K's MUSIC drum レッスンの動画紹介です。…

IMG_1348[1] Pearl Drum Rudiments㉖~㉚

 PAS(Percussive Arts Society)が定めた40種類のルーディメンツを…

IMG_0491[1] ダブルストローク17(動画の紹介3)

ダブルストロークの動画を紹介してきていますが、日本人がマーチングのグリップで解説している動画…

647cc14692cd01d3f71d2b2f1c7caef5_s 音をあわせるための基本4(上げるタイミング)

前回、音をあわせるための基本3で紹介したストロークの1つ目のポイントスティッ…

IMG_0943[1] おすすめのコラボ動画3

スネアチャンピオンのKeelan Tobia氏テナーチャンピオンのChris Dru…

IMG_0552[1] DCIおすすめのバスドラPART4

Rhythm X Bassline2015年はBDが7人!!多っ!!…




PAGE TOP