ドラムスティック(マーチング)

Offworld Percussionのスタンドがヤバい!!!

img_24041

ウルトラレンジ・スネアスタンド!!!

なんじゃそりゃ(@_@;)エッ

オフワールド・パーカッションのスネアスタンドなのですが・・・。

気になったので購入しちゃいました(^_^)/ワラ

画像だけではわからない商品の詳細を解説します!!

ぜひスタンドを購入するときの参考にして下さい。

 

今回紹介している商品はこちらです

 

届いたときの中身はこんな感じです。

img_24051

商品の特徴は何と言っても

ウルトラレンジ!!!!!の名のごとく

すごく広範囲にわたって調整が可能なところ!!

 

具体的には『角度』です。

OFFWORLDのロゴがある部分に注目です。

img_23991

img_24001

上記画像のように、中はボールになっています。

トラディショナルグリップの場合は楽器を少し傾けたりしますが、

スタンドの種類によっては微妙な角度調整がしにくいものがあります。

しかし、このオフワールドのスタンドはボール形状なので

無段階で調整ができるタイプ

角度調整が自由自在なのです!!!

 

もう一つは『高さ』です。

座奏であっても立奏であっても対応できる

つくりになっています。

img_23621img_23611

 

 

一番驚いたのが足の部分で、上記画像のように高さ調整が可能です。

どれだけ高くなるのだろうと組み立ててみたら、

 

img_24031

打面は高さ1メートルを超えました!!!!!

これなら身長が2メートルくらいある人でも

対応できちゃうんじゃないかという高さです。

≪備考≫

できる限り打面を低くしたときの高さは

60cmくらいでした

 

また、パッドもちゃんと固定することができて

固定部分がパッド打面から突起することもなく

とても良い作りになっています。

img_24061

スタンドを購入する際の参考にしてください。

以上、オフワールドパーカッションのスタンド紹介でした!!!

関連記事

  1. img_23691 練習パッドを徹底比較
  2. img_22731 スティックテープの役割
  3. img_22821 スティックテープは■■cmで巻ける!
  4. 359402 スティックテープの役割Part2

おすすめ記事

IMG_1673 マッチドグリップの叩き方(その2)

マッチドグリップの叩き方(その1)では、フルストロークで叩く場合の注意点をバスケットボールに例えて解…

IMG_0499[1] ダブルストローク14(どっちの回転)

前回は、橈骨と尺骨のどちらを動かし、どちらを軸にするのか?について解説してきました。…

img_22821 スティックテープは■■cmで巻ける!

スティックテープを1本巻く場合、スティックテープは何cm必要になるのでしょう?何十、…

IMG_0568[1] DCIおすすめのスネアソロPART6

前回のソロの紹介で石川 直氏の『Blast!』に触れたので、ブラストつながりでニック・エンジェルス氏…

IMG_0532[1] 本日の自宅練習

石原一輝氏の練習風景を公開!!RCCのParadiddles(パラディドル)です。徐…

IMG_0482 2016.1.10の練習風景4

いやぁ~~~( ゚Д゚)ビックリ『この曲あわせよう』って普通に叩けるのが恐ろしい。何…

センターa 音をあわせるための基本(指揮者がみえない)

バッテリーメンバーはセンターにセンターは指揮者にテンポをあわせるという基本を紹介しま…

IMG_1790[1] モーラー奏法11(トラディショナル)

これまではマッチドグリップのモーラー奏法について解説してきましたが、今回は、トラディ…

IMG_0970[1] ギミック紹介(トラディショナル系)

今回はトラディショナルグリップのギミックの紹介です。『親指のまわりをスティックが回転する』…

インバーテッドフラムチーズ 題名 Inverted Flam Cheese

今回は『インバーテッドフラムチーズ』というルーディメンツの紹介です。ルーディメンツと…




PAGE TOP