ダブルストローク

ダブルストローク28(まとめ)

1ef3f317dee230bb0b0a0ad0ed5860b1_s

ダブルストロークといっても、

テンポによってどんなコントロールをするのか

親指支点にするのかしないのか

前腕の軸をどこにするのか

前腕の回転をどちらにするのか

グリップの種類はどうするのか

指はどう使うのか

ということをできるだけ具体的に解説してきました。

 

最後のまとめということで、1~27までの投稿がすぐに確認できるよう

のせておきます。

ダブルストローク1(ダブルストロークとは)

ダブルストローク2(分類とテンポ)

ダブルストローク3(手首と指の関係)

ダブルストローク4(一般的な叩き方)

ダブルストローク5(叩く位置)

ダブルストローク6(前腕の回転)

ダブルストローク7(前腕の回転2)

ダブルストローク8(前腕の回転3)

ダブルストローク9(尺骨を軸)

ダブルストローク10(橈骨を軸)

ダブルストローク11(もう1つの方法)

ダブルストローク12(もう1つの方法2)

ダブルストローク13(前腕の軸)

ダブルストローク14(どっちの回転)

ダブルストローク15(動画の紹介)

ダブルストローク16(動画の紹介2)

ダブルストローク17(動画の紹介3)

ダブルストローク18(トラディショナル)

ダブルストローク19(練習の注意点)

ダブルストローク20(改善方法)

ダブルストローク21(分類を繋ぐ)

ダブルストローク22(親指の感覚)

ダブルストローク23(親指の感覚2)

ダブルストローク24(親指の感覚3)

ダブルストローク25(人差し指)

ダブルストローク26(中指)

ダブルストローク27(薬指と小指)

あとは、どのように練習するのか?

が重要です。

 

練習の方法には、大きく分けて2つあり、

理屈とかは関係なしで、とにかく練習して感覚を習得する方法

理屈を理解して、効率的に練習をする方法

にわかれると思います。

 

とにかく練習するのみという場合

とても成長するのに時間がかかってしまうかもしれません。

しかし、その人本来の叩き方を追求することができる。

という特徴があります。

そのため、スランプにはなりにくくなります。

 

理屈から入って練習する場合は、

練習の効率がよくなり成長するスピードがはやくなるかもしれません。

しかし、本来の叩きやすいスタイルではなくなっているかもしれません。

そのため、急にスランプにおちいることがあるのです。

 

注意しなければならないポイントは、

様々なコントロールを理解し練習することは大切です。

しかし、様々なコントロールを理解して練習してしまったことで、

  • 自分のフォームがわからなくなる。
  • 叩きにくくなってしまう。
  • 力みが発生してしまう。

など自分本来の叩きやすいフォームを忘れてしまう。

というデメリットがあることを忘れないようにしてください。

 

逆に、そうならないように練習ができれば

少ない練習で効率的に上達することが可能です。

 

おすすめの練習方法はいわゆる中立的な分類。

どちらも取り入れる方法です。

最初はコントロールの方法を知識として入れておきます。

練習の中で再現して試してみます。

 

叩きやすくなるなら採用。

逆に叩きにくくなるなら間違っているかもしれないので、

やめておくのもひとつの方法です。

 

今までのコントロールにプラスアルファできると思ったら採用。

今までのコントロールとは全く感覚が違うなら

コントロールの種類が増えて混乱するかもしれないので

やめておくのもひとつの方法です。

 

そして、実際にコントロールを試すときは、

様々なテンポで叩きましょう。

テンポが遅いと叩きやすい。

逆に速くなると叩きにくい。

疲れやすい。

疲れにくい。

などの特徴を最初に理解しておくといいと思います。

 

そうすることで、癖になる前に

自分本来のフォームと比較して修正することができます。

人間の骨はとても複雑であり、感覚も違います。

叩き方は人によって様々で10人10色。

考えていても、時間がもったいないので

とにかく叩きまくれば安定してきます。

 

まとめといいながら、まとめきれてない気がしますが・・・

こんな感じです。

 

投稿が28まできましたね!!

とても長くなりましたが、

ひとまずダブルストロークを完結させていただきます。

ありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!

 

明日は、練習風景の紹介をして生きたと思います。

お楽しみに!!!

関連記事

  1. IMG_0441[1] ダブルストローク4(一般的な叩き方)
  2. IMG_0436[1] ダブルストローク10(橈骨を軸)
  3. 32a7ac62b18292258334a2ce866919d4_s ダブルストローク20(改善方法)
  4. IMG_0400[1] ダブルストローク3(手首と指の関係)
  5. IMG_0499[1] ダブルストローク14(どっちの回転)
  6. IMG_0405 ダブルストローク24(親指の感覚3)
  7. IMG_0440[1] ダブルストローク11(もう1つの方法)
  8. c6c924d469a827656daf20c6e8149dcd_s ダブルストローク1(ダブルストロークとは)

おすすめ記事

IMG_1793[1] トラディショナル・グリップの叩き方

トラディッショナルグリップの握り方(その2)で、前腕の回転によって叩くグリップであることを解説しまし…

IMG_1343[1] おもしろ動画(ケツ太鼓の達人)

皆さん、太鼓の達人はご存知だと思いますが、ケツ太鼓の達人はご存知ですか??お尻アーテ…

IMG_1100[1] モーラー奏法13(トラディショナルのコツ)

トラディショナルグリップのモーラーができない。という相談をうけるとき、そのほとんどの…

IMG_1055[1] おすすめの動画紹介

今回はおすすめの動画紹介です。ラストはドリンクを飲んでからギミックでエンド。基本的に…

IMG_1814[1] マッチドグリップの叩き方(その5)

マッチグリップの叩き方(その4)では、バスドラムはスティックエンド支点とするフリーグリップが重要であ…

パラディドルあ パラディドルとは

今回は、パラディドル系のルーディメンツの紹介です。初心者だと難しく考えてしまいがちですが、…

27a014d8d6f3fec5c0cdb180be80b561_s 音をあわせるための基本6(音のスピード)

『音が伝わるには時間がかかる』ということは、雷や花火などで経験したことがあると思いま…

IMG_1255[1] おすすめの動画紹介

今回の投稿は、おすすめの動画紹介です。紹介する動画は1分10秒と短めですが、嬉しい譜…

c07ae945939a537fc816e2c86a0ef1cc_s 2016.1.10の練習風景3の訂正とお詫び

『2016.1.10の練習風景3』にてご紹介しておりました動画に誤りがありましたので訂正しま…

img_23691 練習パッドを徹底比較

『練習パッドどれにしょう???』打楽器パートなら必ず1度は悩むこと・・・。最近は種類…




PAGE TOP