基礎

スティックを握る位置

IMG_0603[1]

今回はスティックの握る位置について紹介していきます。

初心者に特に多いのですが、スティックの握る位置が間違ってしまっていることが多々あります。

特にスティックを短く持ってしまう現象をよくみかけます。

 

これは、スティックを短く握ることであまり力を必要とせず楽して叩くことができるからです。

また、スティックを短く持っていた場合、大会等などで審査員からすればスティックを構えただけで、マイナスイメージからのスタートです。

しっかりとした知識を身につけましょう。

 

っていわれても

スティックの握る位置を正確に教えてください。

っていわれたら困ってしまう指導者や先生もいるのではないでしょうか。

スティックの3分の1の場所を握るなんて表現をきいたことがありますが、練習場所で定規を用意するのも・・・。そもそもそれが正解なのかも定かではありません。

知識があればスティックと楽器があれば適切な握る位置を簡単に調べることができます。

動画をご覧ください。

動画を見ていただければわかるように、スティックを短くもっていても、長く持っていてもスティックの跳ね返り(バウンスリリース)が弱くなってしまっているのがわかると思います。

スティックが1番バウンドしてくれる位置(支点)をさがしてそこを握ってください。

一度スティックの握る位置を確認したら、スティックに刻印された文字の位置やテープを取り付けるなどして、適切な握る位置を目でみて確認できるようにするとよいでしょう。

自分の筋力にあわせるのではなく、スティックが一番バウンドしてくれる位置で握ることで技術も上達すると思うので意識して練習してください。

関連記事

  1. 27a014d8d6f3fec5c0cdb180be80b561_s 音をあわせるための基本6(音のスピード)
  2. 3d0e6f933e711b41ed6de8df52b75a91_s 音をあわせるための基本3(ストローク)
  3. バニラで使用 ダウンストロークとは
  4. 647cc14692cd01d3f71d2b2f1c7caef5_s 音をあわせるための基本(指揮者とセンター)
  5. 8197e1e395660e955ddcbb764a820d52_s ただの8分が難しい2(左右の差)
  6. 8dd7b8e11d9668ed896e4286f6c7eaed_s フルストロークとは
  7. IMG_1190[1] ただの8分が難しい3
  8. IMG_0606[1] イメージビデオ 2014

おすすめ記事

IMG_0574[1] DCIおすすめのスネアソロPART4

今回紹介するスネアのソロはスコット・ジョンソン氏マーチングのバッテリーをやっているの…

IMG_0560[1] マッチドグリップの叩き方

マッチドグリップの握り方(フォーム)についてはこちらで解説してきました。では、実際にマッチド…

IMG_0597[1] DCIおすすめバスドラ

DCI I&E 2009 Bass EnsembleMadison Scouts…

IMG_0403[1] ダブルストローク7(前腕の回転2)

前回紹介できなかった『前腕の回転を利用したダブルストローク』の具体的なコントロールの…

IMG_0576[1] マッチド・グリップの持ち方(その7)

マッチドグリップの持ち方(その6)ではスネアやテナー向けのグリップのカラクリについて一番わかりやすい…

IMG_1333[1] Pearl Drum Rudiments⑯~⑳

 PAS(Percussive Arts Society)が定めた40種類のルーディメンツを…

1ef3f317dee230bb0b0a0ad0ed5860b1_s ダブルストローク28(まとめ)

ダブルストロークといっても、テンポによってどんなコントロールをするのか親指支点にする…

3d0e6f933e711b41ed6de8df52b75a91_s 音をあわせるための基本3(ストローク)

音をあわせるための基本1では誰にあわせて演奏するのかを簡単に解説しました。その2では…

IMG_0578[1] マッチド・グリップの持ち方(その6)

マッチドグリップの持ち方(その5)では、マッチドグリップでもBDの握り方について解説しました。今回は…

img_24041 Offworld Percussionのスタンドがヤバい!!!

ウルトラレンジ・スネアスタンド!!!なんじゃそりゃ(@_@;)エッオフワールド・パー…




PAGE TOP