基礎

スティックを握る位置

IMG_0603[1]

今回はスティックの握る位置について紹介していきます。

初心者に特に多いのですが、スティックの握る位置が間違ってしまっていることが多々あります。

特にスティックを短く持ってしまう現象をよくみかけます。

 

これは、スティックを短く握ることであまり力を必要とせず楽して叩くことができるからです。

また、スティックを短く持っていた場合、大会等などで審査員からすればスティックを構えただけで、マイナスイメージからのスタートです。

しっかりとした知識を身につけましょう。

 

っていわれても

スティックの握る位置を正確に教えてください。

っていわれたら困ってしまう指導者や先生もいるのではないでしょうか。

スティックの3分の1の場所を握るなんて表現をきいたことがありますが、練習場所で定規を用意するのも・・・。そもそもそれが正解なのかも定かではありません。

知識があればスティックと楽器があれば適切な握る位置を簡単に調べることができます。

動画をご覧ください。

動画を見ていただければわかるように、スティックを短くもっていても、長く持っていてもスティックの跳ね返り(バウンスリリース)が弱くなってしまっているのがわかると思います。

スティックが1番バウンドしてくれる位置(支点)をさがしてそこを握ってください。

一度スティックの握る位置を確認したら、スティックに刻印された文字の位置やテープを取り付けるなどして、適切な握る位置を目でみて確認できるようにするとよいでしょう。

自分の筋力にあわせるのではなく、スティックが一番バウンドしてくれる位置で握ることで技術も上達すると思うので意識して練習してください。

関連記事

  1. 3d0e6f933e711b41ed6de8df52b75a91_s 音をあわせるための基本3(ストローク)
  2. f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s 音をあわせるための基本2(スタイル)
  3. 27a014d8d6f3fec5c0cdb180be80b561_s 音をあわせるための基本6(音のスピード)
  4. 8197e1e395660e955ddcbb764a820d52_s ただの8分が難しい2(左右の差)
  5. IMG_1190[1] ただの8分が難しい3
  6. IMG_0606[1] イメージビデオ 2014
  7. 647cc14692cd01d3f71d2b2f1c7caef5_s 音をあわせるための基本(指揮者とセンター)
  8. IMG_1245[1] 感覚を覚えるためのTriplet Diddle

おすすめ記事

IMG_0692[1] テナーソロ動画(Xymox)

2014年I&Eテナーソロでチャンピオンに輝いたColin Whitcomb氏の動画紹介です…

IMG_0928[1] おすすめの動画紹介

前回はスティックを持たないモーラー奏法の練習を解説しました。今回…

IMG_0595[1] DCIおすすめスネアソロPart2

DCI I&E Snare SoloDrew Guyこの動画の見どころは・・…

IMG_1044[1] StagePerformanceConcert

本日、2016年3月21日(月・祝)関市文化会館<大ホール>にて第1回ステージ・パフ…

IMG_1504 マッチド・グリップの持ち方(その2)

マーチングのマッチド・グリップの持ち方については、こちらで投稿しましたが、前回紹介しきれなかったさら…

9abc79089ccf62c4f1c62dc07a3dc9fd_s 笑顔をあなたに!新たなプロジェクト始動!!

残念ながら日本のマーチングはマイナーなものとされています。さらに、(どのような競技でもそうで…

IMG_0662[1] おすすめのコラボ動画2

チャンピオンコラボ動画さらにすごい動画を発見しました!今回は、その動画を紹介します!…

IMG_0705[1] パラディドルその5(応用編)

パラディドル系はもう叩ける!次のステップに進みたい!!(パラディドルでは物足りない)…

IMG_1788[1] トラディショナル・グリップの叩き方(その2)

トラディショナルグリップの場合、普通の人は前腕の回転のみでは、スティックのチップを真上まで上げられな…

09b15a2fa8a451d48932f11c45266d74_s ダブルストローク19(練習の注意点)

前回まではコントロールの解説を中心にしてきましたが、今回は実際に練習するときの注意点をまとめましたの…




PAGE TOP