基礎

スティックを握る位置

IMG_0603[1]

今回はスティックの握る位置について紹介していきます。

初心者に特に多いのですが、スティックの握る位置が間違ってしまっていることが多々あります。

特にスティックを短く持ってしまう現象をよくみかけます。

 

これは、スティックを短く握ることであまり力を必要とせず楽して叩くことができるからです。

また、スティックを短く持っていた場合、大会等などで審査員からすればスティックを構えただけで、マイナスイメージからのスタートです。

しっかりとした知識を身につけましょう。

 

っていわれても

スティックの握る位置を正確に教えてください。

っていわれたら困ってしまう指導者や先生もいるのではないでしょうか。

スティックの3分の1の場所を握るなんて表現をきいたことがありますが、練習場所で定規を用意するのも・・・。そもそもそれが正解なのかも定かではありません。

知識があればスティックと楽器があれば適切な握る位置を簡単に調べることができます。

動画をご覧ください。

動画を見ていただければわかるように、スティックを短くもっていても、長く持っていてもスティックの跳ね返り(バウンスリリース)が弱くなってしまっているのがわかると思います。

スティックが1番バウンドしてくれる位置(支点)をさがしてそこを握ってください。

一度スティックの握る位置を確認したら、スティックに刻印された文字の位置やテープを取り付けるなどして、適切な握る位置を目でみて確認できるようにするとよいでしょう。

自分の筋力にあわせるのではなく、スティックが一番バウンドしてくれる位置で握ることで技術も上達すると思うので意識して練習してください。

関連記事

  1. d005d00f78a95fae18f9be4a6bc0e039_s ハイトと音量の関係
  2. 8dd7b8e11d9668ed896e4286f6c7eaed_s フルストロークとは
  3. IMG_0606[1] イメージビデオ 2014
  4. f7ee7fd5ba8af8fc9d5383d123e3cf33_s アップストロークとは
  5. IMG_1245[1] 感覚を覚えるためのTriplet Diddle
  6. 3d0e6f933e711b41ed6de8df52b75a91_s 音をあわせるための基本3(ストローク)
  7. f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s 音をあわせるための基本2(スタイル)
  8. センターa 音をあわせるための基本(指揮者がみえない)

おすすめ記事

IMG_0666 ダウンストロークのコツ(その2)

ダウンストロークについてはこちらでも紹介しました。スティックエンド支点にすることで、…

c07ae945939a537fc816e2c86a0ef1cc_s 2016.1.10の練習風景3の訂正とお詫び

『2016.1.10の練習風景3』にてご紹介しておりました動画に誤りがありましたので訂正しま…

IMG_0507[1] 2015.12.14 の練習風景7

今回は、トラディショナルグリップでシングルをはやく叩けるようにするために参考となる知識の紹介をしてい…

IMG_1788[1] トラディショナル・グリップの叩き方(その2)

トラディショナルグリップの場合、普通の人は前腕の回転のみでは、スティックのチップを真上まで上げられな…

Image 2015.12.14 の練習風景5

2015.12.14の練習風景はいったいどこまで続くんだろう・・・回答→まだまだです!!!笑…

IMG_0578[1] マッチド・グリップの持ち方(その6)

マッチドグリップの持ち方(その5)では、マッチドグリップでもBDの握り方について解説しました。今回は…

IMG_0504[1] 2015.12.14 の練習風景9

今回は、こちらで紹介しきれなかったシングルの動画紹介と、シングル系のギミックを紹介していきたいと思い…

evernote-camera-roll-20161203-005021 12/11(日)はメモリアルセンターへGO!!!

マーチング全国大会壮行会とローズパレード応援プロジェクトをミックスした、岐阜県立岐阜商業吹奏…

IMG_1056 叩くときの力の方向

打楽器は楽器を叩くという単純な動きであることが多いのですが、叩くときの力の方向について考えた…

IMG_1504 マッチド・グリップの持ち方(その2)

マーチングのマッチド・グリップの持ち方については、こちらで投稿しましたが、前回紹介しきれなかったさら…




PAGE TOP