基礎

音をあわせるための基本4(上げるタイミング)

647cc14692cd01d3f71d2b2f1c7caef5_s

前回、音をあわせるための基本3

で紹介したストロークの

1つ目のポイント

スティックを上げるタイミング

を具体的に解説していきたいと思います。

ぜひ参考にしてください!!!

 

スティックを上げるタイミング

いわゆる『叩き始め』

をどのように統一するのか?

 

という問題ですが、

叩く譜面によってタイミングが異なる

というのが解答になります。

 

例えば、

ff(フォルテシモ)のアクセント

ff(フォルテシモ)で山形のアクセント

で比べてみましょう。

 

647cc14692cd01d3f71d2b2f1c7caef5_s

縦軸がハイトで、横軸が時間です。

青色ffのアクセント

青色の矢印がスティックを上げるタイミングです。

赤色ffで山形のアクセント

赤色の矢印がスティックを上げるタイミングです。

○に×印がハイトがゼロで打面を叩いた状態です。

黄色いラインがffのハイトの高さとします。

 

≪ffのアクセントの場合≫

ハイトを高くして音量を増す

という考え方になるとおもいます。

 

≪ffの山形のアクセントの場合≫

山形のアクセントは

『スタッカート』っぽくとか『鋭く』

などと表現されますが・・・。

打楽器の場合、

スティックのスピードをあげる

ことで山形のアクセント(鋭い音)

を表現することがほとんどです。

 

ということは、

同じffという音量でも

スティックのスピードが違います。

 

スティックのスピードが違う

ということは

スティックを上げるタイミングも異なる

ということです。

 

そのため、スティックを上げるタイミングは

平均値を基準にしてあわせられるように練習・・・

リズムで上げるタイミングを決めて練習・・・

センターにあわせれるように練習・・・

というように何かを基準にして

タイミングをそろえるようにします。

 

スティックを上げるタイミングには個人差があり

統一することは容易なことではありませんが、

ぜひ練習の参考にしてください!!!

関連記事

  1. IMG_0603[1] スティックを握る位置
  2. IMG_1245[1] 感覚を覚えるためのTriplet Diddle
  3. 8197e1e395660e955ddcbb764a820d52_s ただの8分が難しい2(左右の差)
  4. IMG_1087[1] ただの8分が難しい
  5. 8dd7b8e11d9668ed896e4286f6c7eaed_s フルストロークとは
  6. 647cc14692cd01d3f71d2b2f1c7caef5_s 音をあわせるための基本(指揮者とセンター)
  7. 312fd10007fc25352f4cf12563118932_s タップストロークとは
  8. 3連 音をあわせるための基本5(上げるタイミング2)

おすすめ記事

IMG_1356[1] Pearl Drum Rudiments㉛~㉟

PAS(Percussive Arts Society)が定めた40種類のルーディメンツをY…

IMG_2536 Blue Devils 2007 End of closer

Blue Devils 2007 End of Closer Transcrip…

c6c924d469a827656daf20c6e8149dcd_s ダブルストローク1(ダブルストロークとは)

ダブルストロークをここまで解説するか!!っていうくらい解説していく予定です。ぜひ参考…

IMG_1413[1] Flam 5

今回は、『フラムファイブ』というルーディメンツの紹介です。難易度は少し高いですが…

IMG_0440[1] ダブルストローク11(もう1つの方法)

これまで解説してきたのは、『前腕の回転を利用したダブルストローク』でも、1打目が回外、2打目…

IMG_1303[1] Pearl Drum Rudiments⑪~⑮

PAS(Percussive Arts Society)が定めた40種類のルーディメンツをY…

IMG_1377[1] Shirley Murphy

今回は『シャーリーマーフィー』というルーディメンツの紹介でです。このルーディメンツは…

IMG_1666[1] おすすめの動画紹介(Tim Jackson)

今回はおすすめのテナーソロの動画紹介です。ティムジャクソン氏のテナーソロといえばこち…

IMG_0093 2015.12.14 の練習風景8

上級者でなければ、練習風景5で紹介した譜面は叩けないと思いますので、もっと簡単にした譜面を紹介してい…

IMG_1504 マッチド・グリップの持ち方(その2)

マーチングのマッチド・グリップの持ち方については、こちらで投稿しましたが、前回紹介しきれなかったさら…




PAGE TOP