基礎

ただの8分が難しい3

IMG_1190[1]

Blue Devilsも採用している

8分打ちの効率的な練習方法を紹介します。

 

音をあわせるための基本5で、

『叩く譜面によってより自然体な

スティックを上げるタイミングある』

ということを解説しましたが、

何がどう自然体なのかを基礎練習のエイツで

紹介していきたいと思います。

 

センター

まずエイツのように8分打ちの場合は、

叩き始めの8分音符前

自然体なスティックを上げるタイミング

であることを紹介しました。

 

このタイミングでスティックを上げると

8分でキープしているスティックの動きに

一瞬であわせることが可能なので

自然体なスティックを上げるタイミング

と表現しています。

言葉ではわかりにくいので、

動画の1分7秒からご覧ください。

 

Blue devils 2013

drumline Eights @DCI Clovis

 動画をみればわかるように

片方の手で8分をキープして途中から両手打ちになります。

その両手打ちになる瞬間をよくみてください!!

スティックを上げるタイミングからすごくそろいます!!!

これが今まで解説してきた

自然体なスティックを上げるタイミングです。

ただの8分が難しい2(左右の差)では

両手を全く一緒に動かす練習

も紹介していました。

ぜひ参考にしてください(*´▽`*)

関連記事

  1. 312fd10007fc25352f4cf12563118932_s タップストロークとは
  2. 3d0e6f933e711b41ed6de8df52b75a91_s 音をあわせるための基本3(ストローク)
  3. IMG_1087[1] ただの8分が難しい
  4. 8197e1e395660e955ddcbb764a820d52_s ただの8分が難しい2(左右の差)
  5. 3連 音をあわせるための基本5(上げるタイミング2)
  6. f7ee7fd5ba8af8fc9d5383d123e3cf33_s アップストロークとは
  7. IMG_0603[1] スティックを握る位置
  8. IMG_0606[1] イメージビデオ 2014

おすすめ記事

IMG_0578[1] マッチド・グリップの持ち方(その6)

マッチドグリップの持ち方(その5)では、マッチドグリップでもBDの握り方について解説しました。今回は…

Image 2015.12.14 の練習風景5

2015.12.14の練習風景はいったいどこまで続くんだろう・・・回答→まだまだです!!!笑…

IMG_1384[1] おすすめの動画紹介(スネア4人組)

今回は、スネア4人組のパフォーマンスの動画紹介です!!素直な感想は・・・ライブ感たっ…

IMG_1333[1] Pearl Drum Rudiments⑯~⑳

 PAS(Percussive Arts Society)が定めた40種類のルーディメンツを…

IMG_1093[1] モーラー奏法12(前腕の回転2)

前回の投稿(モーラー奏法11)では前腕の骨の位置が違うことで前腕の回転させる動きの違…

IMG_0583[1] DCIおすすめのバスドラPart3

今回はCadetsのBassLineで、譜面付きの動画紹介です。動画のみを聴…

4c5ba0fdf4486f2d2371ce2cf5e746d9_s DCI2015(1~5位)

Drum Corps International World Championships 201…

IMG_0943[1] おすすめのコラボ動画3

スネアチャンピオンのKeelan Tobia氏テナーチャンピオンのChris Dru…

220253 ダブルストローク2(分類とテンポ)

ダブルストローク1では、ダブルストロークを4つの分類に分けて解説しました。が、読み返してみて…

c6c924d469a827656daf20c6e8149dcd_s ダブルストローク1(ダブルストロークとは)

ダブルストロークをここまで解説するか!!っていうくらい解説していく予定です。ぜひ参考…




PAGE TOP